FXの不安を取り除こう!

FXと聞くとなんか大損して借金を背負ってしまうような悪いイメージを思ってしまう人がいるかも知れません。ですが、ちゃんと理解してやれば稼ぐことはできます。そのためにまずはFXのことを理解していきましょう。

FXとは?

FXは「外国為替証拠金取引」と言う正式名称がキチンとあります。日本円で自己資産を証拠金として外国のお金を売買することをFXといいます。

世界中の主要となっている通貨を買ったり売ったりすることで利益をあげていきます。たとえば、「日本円を売ってアメリカドルを買う」他にも「アメリカドルを売ってユーロを買う」など様々な組み合わせがあり、必ず2つの国の通貨をセットしたペアで取引することになります。

利益の出る仕組み

通貨の価値は常に変動しています。たとえば100円の時に買った通貨が売る時に110円になってるとします。10円の利益が出ていることになりますよね?反対に90円で売ると10円の損失が出ていることになります。これがFXの基本的な仕組みとなっています。

基本は「安く買って高く売る」もしくは「高く売って安く買う」と言うことになります。
この通貨の価格変動を利用して儲けることを「キャピタルゲイン」といいます。

FXはいくら必要?

FXはロット(lot)と言われるもので取引します。基本は「1ロット=10,000通貨」となります。なので、アメリカドル/日本円で取引になると「10,000ドル」と言うことになるので、100円の時に取引するのであれば「1ロット=100万円分」の取引と言うことになります。

ただ100万円を持っていなくても、「レバレッジ」を使えば25倍までの取引ができるので、自己資産4万円を持っているだけで「1ロット」取引することができます。

それ以外にも、最近では「1,000通貨=0.1ロット」と言われるもので取引することができるサイトもありますし、「1通貨」で取引してくれる初心者向きのサイトまであります。

レバレッジとは?レバレッジを使い利益をあげよう

レバレッジとは直訳すると「テコ」や「テコの原理」と言うような意味になります。自己資産が少なくても、何倍もの金額で取引が可能となるものになります。国内のFX会社ならば、自己資産(証拠金)の25倍で取引することが可能となるので、4万円を証拠金としてFX会社の口座に入れておけば、100万円分の取引が可能となります。

少ない金額で取引できますが、「ハイリスク・ハイリターン」のものとなります。

FXのリスクとはどんなものなのか?

レバレッジ の倍率をあげた場合に思い通りの方に価格が動けば利益は出ますが、逆に動いた場合には損益も出てしまうと言うのが、FXの最大のリスクと言えます。

海外のFX会社になると25倍以上のレバレッジ を使うことは可能となります。

デモトレードを試してみる

値動きを予測するのは本当に難しいものです。プロの人たちでも100%予測を当てることはできません。今まで色々な手法が公開されてきました。でもそれが必ずしも当てはまるとは言えないために、どれだけ「損を少なくして、利益を大きくするか」ということが考えられてきました。

初心者で使い方などもわからない人がいきなりやるのは本当に危険になります。最近では「デモトレード」と言われる本当の価格で、リアルと何一つ変わらず練習がすることができます。

まずは使い方を覚えるためにも「デモトレード」を使いやってみることをおすすめいたします。それをやりながら自分の手法を見つけてやっていかないと、「今回負けたから金額を倍にしよう」などとやっていればギャンブルと変わりません。
でもFXはギャンブルとは全くの別物になります。キチンと情報を精査した上で無理のない金額を使い投資をすることをおすすめいたします。