北海道の函館に行くならここは行きたい王道観光名所6選!

今回紹介するのは「市区町村魅力度ランキング」において2018・2019年の2年連続首位となり誰もが知っている「北海道函館市」の魅力についてを紹介していきたいと思います。絶景観光スポットや王道デートスポットなどの有名どころを紹介します。

函館朝市(どんぶり横丁市場)

北海道といえば「海鮮」でしょう!函館駅から徒歩1分と到着したらすぐに行けるというアクセスもとてもいい「函館朝市」は1万坪(3ヘクタール)にもなる広大な敷地に約250店舗が入っています。食堂・青果物・塩干物・生鮮魚・珍味加工品・衣料・生花・日用雑貨などの店舗が入っていて函館にいくなら絶対に一度は訪れたい函館朝市となっていますが、その中でも「どんぶり横丁市場」と言われる20店舗ほどの食堂となっています。
函館はどこで食べても美味しいものが多いですが、「どんぶり横丁市場」の海鮮はまた鮮度バツグンでとにかく美味しいものがたくさんあります。どんぶり横丁と言われているだけあって丼ものの種類も豊富にあるため好きなものから選ぶことができます。またお店の人に相談するとトッピングをしたりいらないものを抜いたりと自分の好きな海の幸だけでどんぶりを作ることもできるようになっています。営業時間が時期によって違いはありますが朝6:00~14:00などになっているため朝食や昼食で訪れたい名所になっています。海鮮物をお土産として送ることもできるので函館についてすぐに昼食を食べ、お土産を手配しておくのもいいでしょう!

金森赤レンガ倉庫

「赤レンガ倉庫」と聞くと横浜市を思い出す人も多くいるかと思いますが、今函館市の赤レンガ倉庫がとても人気になっています。建物の外観の作りがとても綺麗なのでただ歩いているだけでも雰囲気を楽しむ事ができるだけでは無く夜にはライトアップされるのでデートスポットにも最適と言えるでしょう!
「金森赤レンガ倉庫」は元々明治時代に建設されたものとなりますが、現在では建物の雰囲気を壊すこと無くカフェや雑貨ショップ、飲食店やコンサートホールに生まれ変わっていますので古き良き日本の情景を楽しむことができる観光名所と言えるでしょう!

函館山

函館といえば「絶景夜景」も思い当たる人もいるのでは無いでしょうか?日本三大夜景だけでは無く「世界三大夜景」の一つにも選ばれているほどの函館の夜景は今まで見てきた夜景とは規模なども違ってくるため、夜景が好きなのであれば感動すること間違いありません。有名デートスポットや絶景観光名所として日本だけでは無く世界に知れ渡っている「函館山」からの夜景はロープウェイを使って行くことになります。その見える夜景の中に「ハート」や「スキ」という文字を一緒にいた人と見つけることが出来れば結ばれるというロマンチックな伝説まであるので挑戦してみるといいかもしれません!

五稜郭タワー

五稜郭はもともと役所や奉行所のある場所でした。そのため「土方歳三」らが所属していた「新撰組」が最後に拠点として構えたのも「五稜郭」でした。今では五稜郭公園がありそれらを一望することができる「五稜郭タワー」は1964年に立てられましたが、2006年に建て直しが行われました。展望台の高さが倍となる90メートルまで上がったことで星形となっている五稜郭全体を見渡すことができるようになりました。五稜郭タワー内にはカフェや函館カレーが楽しめる飲食店、人気となっているジェラートまでありますので一度行くのもオススメとなっています。

函館護国神社

1869年に「政府軍兵士」を祀るために「函館護国神社」が創建されました。ですが1939年に今の「函館護国神社」として改称されたため今では縁結びや厄払いなどのご利益がある神社として有名になっています。函館護国神社の鳥居から函館市内や津軽海峡などが見れるため美しい景観を楽しむことも出来ます。「ふくろう(不苦労)」のお守りも人気となっていることや撫でてからお祈りすると良いと言われる「ふくろう」の像もありますので縁結びや良縁をのぞむのであれば「函館護国神社」へ足を運ぶのもいいでしょう。

旧函館区公会堂

昭和43年に建設された「旧函館区公会堂」は国の重要文化財にも指定されているコロニアルスタイルの建物になっています。家具や壁紙はそのままになっていてシャンデリアや調度品までも当時のまま残されています。現在はコンサート場としても使われている「旧函館区公会堂」では外観や内部、当時から残された家具など全てがそのままのため明治を素晴らしい建築物をそのまま味わうことができると言えるでしょう。館内には素敵なドレスや燕尾服のレンタルをやっていたりヘアメイクなどを受けることもできるのでドレスアップすることで明治へタイムスリップし当時の舞踏会などの雰囲気を味わうことが可能となっています。

函館のまとめ

函館は6度も「市区町村ランキング」で首位を獲得しています。それだけでも魅力がたくさん詰まった場所と思えるでしょうが、街並みも綺麗でご飯も美味しく歴史もたくさん触れることができるだけでは無く山も海も両方近いため全ての魅力が詰まったような街となっています。「土方歳三」などの新撰組が好きな人はその歴史について勉強することもできるようになっていますし、デートにはもってこいのロマンチックな場所がたくさんあります。今回紹介したのは王道エリアのみとなりますので是非自分の足で行って自分の目で楽しみ自分の舌で堪能してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です